感染対策

看護介入分類、看護介入の感染性病原体の取得および送信を最小限に抑えるように定義しました。

特に院内感染の感染の広がりを小さくするために、監視、調査、及び統計データのの使用が待たれます。

感染制御における実践者は、多くの場合、病院で採用看護師です。

彼らはそのような感染対策責任者および感染管理看護師としてのタイトルを持っている、と彼らはスタッフの看護師、医師、部門長、感染制御委員会、地域の保健部門間の連絡が機能する。

このような専門家は、患者とその家族を教えるだけでなく、病院の従業員のためのいくつかの責任を前提としています。

予防センターは、感染制御に関連する情報の優れた供給源である。

交差感染の感染は別の病原性微生物に感染した患者の間で相互感染される。

飛沫感染をすでに感染誰かによって吐き出された液体粒子で中断呼吸器病原体の吸入による感染症があります。

感染塵の粒子に固定されたとなっている病原体の吸入による感染もあります。

内因性感染症、結核、例えば、発生するように休眠焦点に存在する生物の再活性化のために、外因性の感染症、通常体内に存在ではなく、生物によって引き起こされる環境からの入り口を得ています。

混合感染同時に生物の複数の種類の感染、院内感染は、参照院内感染を日和見感染は、通常疾患を引き起こすが、患者がされている場合など、特定の状況下で、病原性になりません生物による感染症、免疫不全があります。

化膿性感染膿産生生物、最も一般的に種による感染ブドウ球菌や連鎖球菌などの感染のリスク看護診断個人が病原生物に侵略されているリスクの増加にある状態と定義されます。

二次感染の別の種類の病原体による感染を、以下の病原体による感染、不顕性感染症は、検出可能な症状を伴うが、そのようなポリオやおたふく風邪などの容易に認識疾患を生成することが可能な微生物によって引き起こされる。

これは徴候や症状は、感染の過程で、後に現れる、または症状および徴候が現れないかもしれないと、感染の初期段階で発生する可能性があります。

これは、抗体の産生によって、または結核菌タンパクなどの抗原に対する皮膚試験反応で示した遅延型過敏症によって検出されます。

最終的な感染は急性感染は、病気の終わり近くに発生すると、多くの場合、死を引き起こす。

媒介感染などの蚊、シラミ、ハエ、またはダニなどの事業者が別のホストから送信された微生物によって引き起こされる感染症です。

水系感染水中で送信微生物による感染症もあります。